高校の時から医療用コンタクトを使っています。今までのコンタクト使用の経緯と目の大切さを綴ります。

ここに注意!コンタクトの正しい使い方
ここに注意!コンタクトの正しい使い方

医療用コンタクトを使う際は目を清潔に

ここに注意!コンタクトの正しい使い方
私が目が悪くなりだしたのは、中学生の頃です。

それまで、両目2.0で視力はとてもよかったのですが、中学に入ってから漫画にはまりまして、ベッドに寝転びながら漫画を読んでいましたら、一気に視力が落ちました。
それでも、中学時代は何とか裸眼で過ごしましたが、高校に入ると同時に母に眼鏡を購入してもらいました。
ずっと裸眼だった私は眼鏡が恥ずかしくて、眼鏡は授業中のみつけて生活していましたが、高校は進学校でしたので、勉強する機会も増えて、目はますます悪くなりました。
授業中だけ眼鏡をかけることに限界を感じて悩んでいた私に、母が医療用のコンタクトレンズを勧めてくれて、私は初めてコンタクトを買いに行きました。

初めて買った医療用コンタクトはアキュビューの1年タイプの物です。

最初はどういうものが良いのかわからなかったので、ずっと使えるものがいいと思って1年タイプを買いましたが、半年ほどして私はプールでコンタクトを落とし、無くしてしまいました。
それからは、1年タイプのものではなく1か月タイプのものを買うようにし、家では眼鏡、外ではコンタクトという生活を送っていました。
大学生になり、コンタクト歴も3年になる頃に、私はコンタクトについていろいろ調べてみたことがありました。
コンタクトは目を空気に触れさせず覆ってしまうものなので、長時間つけることは良くないことや、洗う時も傷をつけずに丁寧にかつしっかり洗わないと汚れがたくさん出てしまうこと、またコンタクトは新しい技術なので、何十年先と使った先は、目がどうなっているかはまだ実証されてい無いことなどを知りました。

私は、今ではコンタクトを清潔に保つため、2週間用の物を購入しています。
また、長時間の仕様も控えるようにして、家に帰宅するとすぐさまコンタクトを外すようにしています。
私が初めて購入した時に比べ、医療も進んでいますので、コンタクトの種類も増えていて、私の目は乾燥しやすいので、モイスチャータイプのものをつけています。
ただ、コンタクトをつけ続けることは大変ですし、目に良いものではないと思います。
最近では医療用のものではないカラーコンタクトなども出ていますが、私コンタクトを付けなくていい人は、もっと目を大切にしてほしいと思います。

お役立ち情報

Copyright (C)2017ここに注意!コンタクトの正しい使い方.All rights reserved.